日本の人口問題の危機感!

こんにちは。
名古屋の家計相談・子育て応援FPの近藤です。

今回は日本の人口問題について!

先日の日経新聞に書いてありました。
2100年の日本の人口について。

このままいくと人口は約6300万人と予測。
あと約75年後に人口が半分になってしまうかもしれないんです。

恐ろしい話ですが現実ですね。

人口が減ると経済は衰退するという関係があると言われますが、
実際はどうなってきたのでしょうか?

日本の人口のピークは2008年!
この時のGDP(日本の利益の合計=もうけ)は全世界の8%をしめていました。

それが2023年には世界の4%に下がっていたんです!

この15年で半分に落ち込んだという事です。
他の国が伸ばしたこともありますが、日本が成長していないことを表していますね。

政府は異次元の対策と言っていますが、
これからの日本の状況は本当にしっかり考えないといけないという怖さを感じるデータでした。

そんな厳しい時代を生き抜く子供たちにはやはり、
生き抜く力のお金の教育は絶対必要だと思います。