少子化問題と教育費について

こんにちは。
名古屋の家計相談・子育て応援FP近藤です。

今回は、少子化と教育費に関して記事にしていきます。

少子化の進む日本。少子化対策もなかなか効果が・・・

出生率は1.26と過去最低値を更新し続けています!
ただそれと反比例して、上昇を続けているのが教育関係費です。

6ポケット(両親と両祖父母の経済ポケット)と言われるように、
人数が減った分1人の子どもに充てられる予算が増えているんですね。

実際にランドセルは販売数減少にも関わらず、市場規模は10年前から3割拡大。
単価が上がってるんですね!

もろもろ含めると、40年前に比べて
いまの教育関係費用は7倍になったなんて試算も!

一方子どもを多く持たない理由で最も多いのは
「お金がかかりすぎるから」。

なんて負のスパイラル・・・

日本の人口減少要因のひとつです!

教育費の無償化が全国に広がったり、
子育て対応が異次元の内容で進めばまだまだ変わる?
いずれにしても後手後手ですね。

ライフプランを考える上でも
子供の教育費はかなり大きなポイントになります。

国のサポートもそろそろ手厚くをスピーディに
しないと手遅れになりますね。

全ての子育て世帯がお金で知らないことで損をしない人生を!
これがRACの想いです。

100世帯あれば100通りの考え方や資産運用の仕組みがあります。

誰かの真似ではなく自分に合った内容を、自分で選びこと。

幸せな人生にはお金は必要です。
ぜひしっかり向き合うきっかけにしてください。