花粉症と経済!

こんにちは。名古屋の家計相談FPの近藤です。

本日は花粉症と経済について書きます。

この時期花粉症に悩まされる僕ですが・・・
ふと花粉症って経済に影響があるのか気になって調べました。

結論:かなり影響があります!

2019年3月の第一生命経済研究所による試算によると、

2019年1月から3月までの3ヵ月の間に外出を控えたことにより、

家計消費が5691億円下がったといいます。

 

パナソニックは2020年1月に「社会人の花粉症に関する調査」を行いました。

その結果、79%の人が花粉症の症状が自分のコンディションに

影響を与えていると回答し、仕事のパフォーマンスが低下していると

感じる時間は1日あたり平均2.8時間でした。

これらから社会人の労働力低下による経済的損失は、

1日あたり約2215億円と推計しています。

花粉シーズンは地域によって違いますが、

たとえば2月中旬〜4月中旬の60日間とすると、

経済的損失は13兆2900億円、日本のGDPの2.4%に

相当する数字になります。

花粉症はつらいだけでなく経済にも影響が出るんですね。

他人事ではないのんですが・・・面白い調査でした!