強制貯蓄とリベンジ消費!

こんにちは。
名古屋の家計相談・子育て応援ファイナンシャルプランナー近藤です。
本日は強制貯蓄という言葉について!

最近少し話題になっていました。
コロナで行けていた旅行や消費ができずに

ただ貯金に回ったお金が20兆円あると・・・

僕自身そこまで貯金ができた印象はないですが、

皆さんいかがでしょう?
これがデータ化される段階でどれだけ管理されているのか?
怖いですね。

まあ巣ごもりで食費等の消費は増えましたが、

旅行やファッション、飲み会等がなくなりその分の
お金が余っていく事は理解できますね。

20兆と聞くとみんなそんなに?となりますが、

単純人口で割ると20万円以下です。

あくまで平均ですので毎年海外行く方はかなり余るし、

普段消費をそこまでしない方は変わらないもしくは減りますね!
コロナで強制貯蓄が増えたから、コロナ明けに
リベンジ消費・ご褒美消費が増えることが期待される。
と政府からのメッセージです。

実際にアメリカではすでにその状況にあり、

消費爆発が起こっているとのこと。

実家に帰れていないから帰ろう
我慢していたから贅沢な旅行を使用
飲みに行こう
延期にしていた結婚式を豪華に
外出が増えるからファッションに

納得できますね。

実際に計画される方もいると思います。

強制貯蓄20兆。みんながリベンジ消費をします!

とにぎわっています。
その報道が出てくると我が家も
となってしまいます。

あくまでその数字は全国の合計、人口平均で20万円以下。

そりゃ毎年海外旅行行っている方は何十万、

何百万使わなかった方もいます。

一方コロナで収入が減って厳しい家庭もあります。

まずは世の中の情報ではなく、ご自身の現状を把握した上で

行動に移してください。
我慢してきた反動はとても分かります。

ご褒美は大事です!
何でもそうですが、自分の生活に合ったご褒美を考えましょう。

ここで注意していただきたいのは、皆そんなにお金が

余っているんだとか思わないでください。
国全体でとか平均の数値なんてなんも参考になりません。

まずは自分の家庭で、実際この一年でどれくらい貯蓄できたか?
それはコロナ前と比べて多いのか?減ったのか?

まずはそれをざっくり知っておくといいですね!

その上でコロナ明けの準備を。