訪日外国人に支えられる日本経済!

こんにちは。
名古屋の家計相談・子育て応援FPの近藤です。

今回は訪日外国人の消費額が過去最高を記録したニュースについて書いていきます。

観光庁によりますと、今年7月から9月の訪日外国人の消費額は1兆3904億円でした!
2010年4月の調査開始以来、過去最高で、新型コロナウイルスの感染拡大前の
2019年4月から6月の1兆2673億円を上回りました!

日本経済は外国人に支えられていますね。

ただこれについては外国人にとっては使っているお金は大きく変わらないんです。

円安の影響なんです。
今まで現地のお金を日本円に変えるとき
例えば1ドル=120円が140円になれば20円分も多く買い物ができるという事です。

しかも日本は物価上昇も世界から見たら弱いので安くてたくさん買えるという事です。

今まで使うお金は同じでも日本ならたくさん買える!
という事で日本での消費額は過去最高なんですね。

はっきり日本は安くてお得な国という事ですね。

少し複雑ですが・・・この消費に支えられているんですね。

このインバウンドに向けて日本のホテルが根こそぎ値上がり傾向もあります。
海外の人からしたら値上げしても安く泊まれるんです。

日本にいるのに日本人が高くて泊まれないなんてことも起こってます。

少し寂しい気もしますね。

そう考えるとまだまだ物価は上昇していきそうです。
備えは必要ですね。

全ての子育て世帯がお金で知らないことで損をしない人生を!
これがRACの想いです。

100世帯あれば100通りの考え方や資産運用の仕組みがあります。

誰かの真似ではなく自分に合った内容を、自分で選びこと。

幸せな人生にはお金は必要です。
ぜひしっかり向き合うきっかけにしてください。