子供の今後に必要不可欠!!お金の知識と今からできる教育とは?

 

こんにちは。名古屋の家計相談・子育て応援の FP 近藤です。
身近でキャッシュレスなどがどんどん進んでいき、お金の必要な知識が
どんどん変わっていくのを感じながらそれによって起こるトラブルなどが
目につくようになってきています。

今回はそういったこどもの今後に必要になってくるお金の知識と教育方法、
簡単にゲーム感覚でできる勉強法などをご紹介させていただければと思います。

今の子供たちのこれから

こんなデータがあります。
2007 年生まれの子供が何歳まで生きるかの予測!

何と日本人は世界トップの 107 歳まで半数が到達するとされています。
でも実際わからなくもないですね。
僕が子供のころ 100 歳まで生きることが珍しくニュースになるレベル。
今は普通にたくさんいますね。
それが当たり前になって来たんです。

これから長生き且つ元気な老後を過ごすケースが増えてきます。
皆さんは何歳まで仕事しますか?
子供達は何歳まで仕事しますか?
これさえも伸びる傾向!
でも仕事がなくなってた後の人生も長くなります。

今以上にしっかり蓄える。
お金を将来のために今から考えておくことが一層必要です。

だからこそ、国は自助努力を促し積立 NISA や iDeCo を推奨していき、
高校で投資教育もスタートします!

きっとその教育はどんどん年齢が低いときから
始めることになるはず。

長生きがリスクと呼ばれます。
前も言いましたリスクは知ることで軽くできます。
長生きを楽しめる準備をしていきましょう!

子供の金銭教育について

日本ではお金の話はしてはいけない
お金は汚い…そんな風習がありました。

そして親になった僕らがどうやって子供たちにお金の大切さを伝えるのか?
まず皆さんはお金は生活の為に必要で、大切であることはわかっています。

だからこそ上記の考えは自信をもって捨てましょう。
お金の話は積極的に家族でするべきです。

なぜなら学校では学べず家族しかその大切さを伝えられないからです。
まず時代が大きく違う。

僕らが子供のころ消費税はない
銀行金利もよかった
物価も低い
社会保険料も安い。

これが今は全く逆です。
早くから対策を知っておかないといけない状況となります。
さらにキャッシュレスが進む中ますますお金の価値が見えない。
お金は誰からもらっている?と聞くと ATM と答える子もいるんですよ!

子供たちが正しくお金を学ぶ機会を提供するのが
僕が講師をしているキッズマネースクールです。

今はなかなか対面は難しいですがオンラインでも開催中。

じゃあ何から始めたらいいのか?
まずは親がしっかり伝えていかなければ・・・
と気づいていただくことから。そこからは子供の成長に合わせて変わります。

スタートとしてお小遣い教育から。
希望頂ければお小遣い教育のレクチャーさせて頂きます。
遠慮なく要望ください。

子供と読みたいお金の絵本紹介!


”めいちゃんの 500 円玉”
子供のお金の先生もしていると図書館でいろんな本を探したりします。
さらっと子供と一緒に読める絵本です!
寝る前に読み聞かせをしている方も
いると思います。

子供にとって 500 円って大金です。
何でも買えると思えるくらいの?
その価値についてしっかり伝えてくれます。

大金でも制限がある事
消費税の話
買った後に付属でかかるものがある事
本当に大切な話

こんなことを楽しく子供と読めるような内容でした。
最近はお金の教育に関する本もよくあります!
ぜひ少しずつ子供にお金の話を・・・
幼稚園・保育園あたりからのおこづかい教育。
決して早くないですよ。

子供は大人が思うより早く成長します。
ぜひチャレンジしてみてほしい教育ですよ。
ご興味ある方は紹介させて頂きます。

おこづかい教育法はセミナーでも人気の内容です。

ゲーム感覚でできる勉強法

ゲームでお金の学び!

人気ゲーム「集まれどうぶつの森」とお金の話です。
先日息子(小2)が「お父さん、家のローンあとどれくらい?」
と聞いてきました(笑)

そこは驚きつつ素直に応えます。
リアルな数字を!
今子供たちはゲームでもいろいろ触れていますね。

”あつもり”で家をローンで買う!
ローン返すために魚を釣って売る!
結構頑張らないと返せない。

そんな経験からだと判明しました。
実際の金額を聞いて驚いた息子は、父のお金を稼ぐことの
大変さをさらに知ってくれたと思います。

僕自身はほとんどやりませんが・・・
”あつもり”いいゲームだなと感じました。

ゲームの中にも株も出てきます。
これなんだろうから自分で知っていく事。
とっても大切です。

お金に関して親に聞いてくる事。
とっても大切な事だと思います。

子供とお金の話をする。
子供がお金の悩みや相談を親と話せるようにする。
とっても大切で学校ではできないことですね。
その大切さを伝えられるのは、今は親だけですね。
僕も伝える仕組みを模索してます。

人生ゲームの素晴らしさ

人生ゲームをとてもいい教材だと考えています。
イベントでも子供と遊びながらお金を学ぼうイベントで使います。

大人も今改めて中身を見ると面白くやれます。

【ポイント】
◆まずお金がドルである=為替も伝える
◆お金が増える・減るを体感できる
◆株って何?
◆家を買ったら火災保険は必要?
◆結婚して生命保険どうする?
◆給料日

他にもいろんな要素が詰まっています!
普通にルーレットを回してすごろく的に楽しんでもOKです。

ただ今回は子供たちにそれぞれの言葉の意味を解説しながら
お金の勉強を兼ねて行いました!
子供たちもなんとなくわかっている様子。

でもなんとなくでもわかったら大きいです。
もちろんはっきり理解している子もいてすごいな!と感心。

もともとアメリカで始まったゲーム
子供の金銭教育も進んでいますのでとてもいい教材です。

年末年始家族で楽しんでみてはいかがでしょうか?
大人も株って?
為替って?
とならないように勉強ができます。

何より子供たちが楽しそうならOKです!

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?
冒頭でも述べましたが、お金に関する必要な知識はどんどんと
変わってきております。

今まで不要とされていたものが当たり前になっていき、
それによるトラブルが増えていく・・・

そういったトラブルに巻き込まれないためにも子供への
「お金」の認識を持たせるために今できることは何なのか。

それを考えるのは我々大人の使命でもあります。
今後もどんどん変わっていくであろう世の中のお金の価値・在り方に
アンテナを張りながら子供たちが間違わない道へ進めるよう導けるよう、
今できることをしっかりとしていきましょう!