ファイナンシャルプランナーという仕事!

こんにちは。
名古屋の家計相談・子育て応援FPの近藤です。

今回はFP(ファイナンシャルプランナー)という職種に関して
思う事を書きます。

日本ではFPは職場によって取らなければいけない資格です。
銀行、証券会社、保険会社等

あくまで業務上必要な資格という事。
独立系FPはその中の1割程度!
いかにFPが日本において認知されない仕事か?
がわかりますね。

アメリカにおいては全く評価が違います。
個人の世帯において、医者・弁護士・FPは必ず信頼できる
パートナーをつけること!

これが文化です。

ファイナンシャルプランナーの格式が高いという事です。

この三職種に共通するのは、商品を売るのが目的ではなく、
正しい知識を身に着けて自らを守るための情報や方法を
伝えていく事だと思います。

自分を守るためのパートナーですね。

お金に関してはその家庭の考え方、収入、働き方等で変わります。
小さな躓きで人生は変わります!
長い人生のリスクを理解して事前に回避する方法を伝える。

アメリカでは小学生にリスクの考え方を伝えます。

本当の意味でFPが日本に根付いてきたら、もっといいのに
心から思います。

取り急ぎ僕は出会った方に、アメリカのFPのような価値を
提供することを目標に頑張っていきたいと思います。