一家の大黒柱はつらい?

こんにちは。
名古屋の家計相談・子育て応援ファイナンシャルプランナーの近藤です。

今日は興味深い記事「一家の大黒柱がしんどい」について!

「女性がひどく差別される国」と日本は言われています。
政治家の言動を聞いてもこれは悪しき風習と言えると思います。

女性の社会進出が当たり前になってもまだ消えない感情がありますね。

にもかかわらず世界で唯一女性よりも男性の幸福度が
日本は低いという統計があるようです。

世界的なデータでは「女性、高齢、低学歴の人ほど幸福度は低い」とされ、
うつ病の発症も女性の方が多いとなっています。

しかし日本は学歴での幸福度はあまり影響しない、
男性の方が幸福度低いんです。

もちろんいろいろ理由はありますが、
これは女性が軽視されてきた日本特有の事情は大きいようです。

男が家庭を支える、一家の大黒柱だから稼がないと
、女性は弱いから男性が守る。

いやいや古いでしょ!
女性もバリバリ働くし

でも女性の方が年収が低い、専業主夫は少ない、
管理職は男性がまだ多いなどまだまだその傾向はあります。

僕自身もしっかり稼がなきゃと焦ってくるときもあります。

古き良き一家の大黒柱。
そんな言葉はもう死語にすべきかもしれませんね。

というか死後にすべきだと思います。
家計の管理、夫婦で長生きの時代のために一緒に
資産運用をしていく事。

本当に大切な時代に時代になってくると思います。