意外と知らない火災保険の幅広さ!

こんにちは。
名古屋の家計相談・子育て応援FPの近藤です。

今回は知っているようで意外と知らない火災保険の使い方について
お話しします。

火災保険の値上げの話は以前も触れています。
過去記事はこちら

保険はもしもの時にお金を受け取るためのもの。
でもどんな時にもらえるか意外と知らないケースや
こんなことで出ないよね!という思い込みって怖いですね。

以下のケースは火災保険が使えるケースがあります。

◆台風で物置が倒れた/雨どいが壊れた

◆雷で充電中の携帯が壊れた

◆配管が詰まって脱衣所がびしょ濡れに

◆子供がゲームのコントローラーをテレビにぶつけて画面を割った

もちろん加入内容がどこまでカバーできる内容かは確認が必要です。
最後のテレビとかは子供が小さい家庭は実はあります。
子供がテレビを倒してしまったという事など。

実は自分の加入している内容がどこまでカバーできているかを
ちゃんと知っている方は少ないと感じています。

今回値上げのタイミングで見直しを考える方は、
何が対象か把握することをお勧めします。

過去の災害でも、認められたらお金が出るケースもあります。

以前の災害で・・・も出るかもしれませんね。

保険は加入が目的ではなく、使うときが大切です。

今の内容が見てもわからない方は遠慮なく聞いてください。

チェックは可能です!