親を扶養に入れる事について

こんにちは。
名古屋の家計相談・子育て応援ファイナンシャルプランナーの近藤です。

今日は親を扶養を入れることについて書いていきます。

親を扶養に入れるという事に関して実は悩んでいる方も少なくないです。
そこで簡単に解説したいと思います。

親を扶養に入れるメリットは、大きく考えて2つです。

◆自分は扶養控除により節税ができる!
◆親は健康保険料が無料になる!

実際の扶養控除は具体的に
①70歳未満 所得税38万/住民税33万
②70歳以上(同居)所得税58万/住民税45万
③70歳以上(別居)所得税48万/住民税38万

例えば③のパターンで仮に所得税率が20%だったら48万×20%で
9.6万円の所得税の節税、住民税は一律10%なので38万×10%で
3.8万円の節税となります。

この場合年間13.4万円の節税となります。
結構大きいですね。

扶養って夫婦間での話が多いですが、これから親の年齢によっては、
扶養に入れることも考えてもいいかもしれません。

もちろんメリットだけではない為しっかり制度理解が必要です。

親を扶養に入れる条件は、親の収入が一定金額以下であること。

健康保険上の扶養に関しては、親の年間収入が180万未満(年齢60歳以上)
さらに条件で同居の場合は、子の収入の半分未満。別居の場合は、
子からの仕送り金額より少ないことという条件があります。

税金上の扶養については、親が70歳以上で年間所得が
48万円(年収158万)以下である事と、親の生活費を子が援助している事
という条件があります。

親が年金だけの生活の場合は不要は別居でも成立するため
メリットはありそうですね。

では注意点をまとめます!

親が75歳以上の場合、自動的に後期高齢者医療保険制度に加入となり、
子供の健康保険の扶養には入れなくなります。所得税・住民税の節税には影響ないです。

75歳未満の場合、医療費が高くなることがあります。
高額療養費制度の基準額が子供の所得で決定するため起こります。

介護保険の自己負担は世帯収入全体で決まるという事も注意です。
親の年金も合算されます。

結論。親を扶養に入れる際、
75歳以上もしくは介護が必要な場合は要注意とも言えます。

いずれにしても国の制度とご自身の職場の内容も考え
対応していく事が必要ですね。

ではまた