変化する106万円の壁について!?

こんにちは。
名古屋の家計相談・子育て応援ファイナンシャルプランナーの近藤です。

今回は変化する106万円の壁について。

パートをしている方が気にする扶養を外れない収入に関して、
制度が変わってきています。

基本的には扶養(社会保険がパートナーの会社の内容)は130万円の壁と言われています。
129万円以内の収入なら扶養を外れず、超えるとご自身の勤務先か、ご自身で健康保険、
国民年金への加入が必要となるというものです。

この条件が106万円を超えたら扶養を外れるケースがあります!

週20h以上労働
給与が月額88,000円以上(残業代や通勤手当は含まず)
学生以外
雇用期間が2か月以上
従業員が501人以上

この従業員数がネックになります。
501人以上の企業は自社で社会保険に加入させないといけないのです!
つまり扶養から外れてしまいます。

その基準が2022年10月から従業員が100人超え、
2024年10月から従業員が50人超えに引き下げられます。
非常にわかりにくいですね。

会社の制度では絶対に扶養に入った方が優遇があるケースもあるため、注意が必要です。

現在のパート先の従業員数と年収106万円は気にしていくポイントですね!