賃上げではなく、実質賃金に注目しよう!

こんにちは。
名古屋の家計相談・子育て応援FPの近藤です。

今回は実質賃金の話題です。

実質賃金とは受け取った金額から
実際に消費に使えるお金のことです。

これが23か月連続で下がったというニュースがありました。
これがリーマンショックに並び過去最高となっています。

ただ冬のボーナスは2009年以降もっとも平均が
高かったみたいなんです。

ここから何が言えるのか?

入ってくるお金は増えているが、
物価上昇に追いついていないため厳しいという事。

企業のさらなる賃上げで解消するのか?
賃上げ厳しい会社の人はさらに苦しく・・・

この状況にどう対応するのか?悩ましいですね。
なるべく生活スタイルを崩さずにいきたいですね。

自分自身でできるのは稼ぐ、削る、増やす。

この削る領域に少し固定費の見直しを考えてみるのが
一番簡単だと思います。

めんどくさいと思わず考えてみて下さいね。

全ての子育て世帯がお金で知らないことで損をしない人生を!
これがRACの想いです。

100世帯あれば100通りの考え方や資産運用の仕組みがあります。

誰かの真似ではなく自分に合った内容を、自分で選びこと。

幸せな人生にはお金は必要です。
ぜひしっかり向き合うきっかけにしてください。